HOME>レポート>作業効率をアップさせるならcadを導入してみよう

作業効率をアップさせるならcadを導入してみよう

男女

cadでできること

コンピュータ上で設計図を作成できるcadを使うと、従来の紙を使った設計と違って様々なことができるようになります。その一つが正確な図面を引けるというものです。紙の上に図面を引く場合、どうしても線が曲がってしまったり、長さや角度といったものにずれが生じたりします。しかしcadでは線を引く際に手を使うのではなく、数値を入力して行います。同じ数値を入力しさえすれば全く同じ長さの線を引くことができます。角度なども同じで、寸分違わぬ作図ができるのは大きな利点です。図面の再利用が簡単にできるのもcadの特徴です。ある部品の作図を他の図面でも使用したい場合、OSが持つコピーアンドペーストによって瞬時に描き写せます。他の人が作った作図の共有も容易で、かかる時間を大幅に削減できます。

PC操作

cadを購入するときのポイント

パソコン用ソフトの一つであるcadを購入するにあたっては、お使いのパソコンが動作環境を満たしているかを確認します。対応OSはもちろんのこと、メモリの容量や描画速度に影響するグラフィックボードなどを調べておくと、購入してから動作しなかったという事態を防ぐことができます。作りたい図面に適した機能を持っているかも、cad購入の際にチェックしておきたい点です。ビルや住宅などの建設業で使うには、大きなスケールと平面上のレイアウト機能があると便利です。一方で自動車のボディを設計するのであれば、有機的な曲面を作図できるようメッシュ編集やソリッドモデリングが可能なcadが必須になってきます。製造現場においては、図面データを直接製造機械に送れるよう、CAMとの連携やデータ形式の変換が行えるソフトを選んでおくと安心です。